スポーツ

スポーツジムに行くなら市営施設が安くてオススメ!

こんにちは、今朝はいつも以上に寒くて布団から出るのが苦痛過ぎました。

今日はスポーツジムについてのお話しです。

仕事帰りや休日にスポーツジム(フィットネスクラブ)へ通われている方も多いと思います。

ジムの利用料金って結構高くないですか?

コナミやセントラル等の大手ジムは月額1万円とか1回券でも数千円とかしますからね。

そこで私がオススメしたいのは市営スポーツジムです!

市営スポーツジムは民間と比べて料金が圧倒的に安い

ということで市営スポーツジムに8年通っている私の独自視点でまとめてました。

市営のスポーツジムとは

市や区などが行政サービスとして運営している公共施設のうちの一つです。どの地域にも大体あるかと思います。もちろん地域によってジム施設の数や設備内容も違います。

私はこれまで3つの地域の市営ジムに通いましたが、老朽化している施設もあれば立て直したばかりですごく綺麗なところもありました。

私の経験で言えば、行政がお金を持っている都市部の方が充実しています。

利用料金

民間のジム施設は月額払いがメインですが、市営ジムは1回ごとに料金を支払う形です。 施設によって料金設定は違いますが、私が通っていた市営ジムは1回300円~500円でした。また、入会金は不要です。

例えば、東京都港区の施設は500円です。なのでおそらくどこの地域も1回500円程度かと思います。(私は港区施設行ったことないですが、、)

港区スポーツセンター

どこにあるのか

公共施設なのでほとんどの地域であると思います。YahooやGoogleで「○○市 ジム」でネット検索すると施設のWebサイトが出てくると思います。

1つの市で複数のジム施設があるところもあります。

メリット

 ①民間ジムと比べて料金が圧倒的に安い

最初にも書きましたが、これが一番大きいです。

例えば、月額10,000円の民間ジムに月8回(週2日)行った場合、1回あたりの費用は約1250円です。

一方で、1回500円の市営ジムに8回行くと4,000円です。

このケースで言えば、週2回行く人であれば民間ジムの半額以下になります。

月20回以上行くなら民間をオススメしますが、そういう人は極わずかと思いますので大多数の人の場合、市営ジムにすると圧倒的に安くすみます。

②時間帯によっては空いている

私の経験から言えば、平日の夕方以降になると利用者が減り空く傾向にあります。

これはデメリット①のアクセスしにくさに関係していると思われます。

アクセスしにくい場所のため、仕事帰りによるという人が少ないのです。

デメリット

 ①アクセスしにくい施設が多い

民間ジムは駅前や幹線道路沿いなどアクセスしやすい場所にあることが多いですが、市営ジムは公共施設なので駅や幹線道路から少し離れた場所にあることが多いです。

公共施設なので仕方ないですが、施設はあるけど遠くて通いにくいということもあります。

②民間ジムに比べると設備が劣る

これは料金から考えても仕方が無い面ですが、設備は民間ジム比べると劣る市営ジムが多いです。プールやスタジオまである施設は少なく、個人ロッカーもほとんど無いです。老朽化が激しい施設もあります。

ただ、設備は施設によっても大きく差があるので自分の行く施設にご確認ください。

③利用時間が短い

民間ジムだと24:00終了だったり深夜営業の店舗もありますが、公共施設なので21:30や22:00で終了がほとんどだと思います。

まとめ

市営ジムはとにかく料金が安いです。もちろんメリットデメリットありますが、月に数回程度しか行かない方にはかなり魅力的と思います。

これからジム通いを考えている方や今ジムに通っている方の参考になれば嬉しいです。


ライフスタイル(全般)ランキング

スポンサーリンク