SBIソーシャルレンディング

【利回り6.0%】不動産ディベロッパーズローンファンド21号|SBIソーシャルレディング

こんにちは、UKです。

SBI案件が公開されたのでご紹介します。

約3カ月ぶりの不動産ディベロッパーズローンファンドシリーズです。

前回20号案件では利回り8.0%でしたが、今回は6.0%と小さくなっています。

ただ、前回は募集金額2.8億円でしたが今回は17億円の大型案件です。

ファンド概要

◇ファンド名称:SBISL不動産ディベロッパーズローンファンド21号
◇利回り:6.0%
◇運用期間:18ヵ月
◇募集開始:2020年8月21日 10:00
◇募集金額:17億円
◇出資単位:5
万円

借手資金使途

借手が行う不動産の開発事業のプロジェクト資金の一部(土地取得費、ホテル建設を前提とした開発設計・土地造成費の一部、その他諸経費等)

返済原資

ホテル用地として開発した土地の売却代金等

開発内容

土地の土地の造成及び道路工事等

沖縄県石垣市(石垣島)のホテル建設に向けた土地開発のための資金募集案件のようです。

土地を開発し、それを売却したところで投資家に元本返済されます。

石垣島と言えば観光名所ですが、現在の非常事態宣言が出されている状況下では観光業はかなり厳しい状況と思います。当然、今はホテル宿泊客も少ないと思いますのでホテル建設が見直されたりしないかが不安要素です。

スポンサーリンク

本案件の借手

投資家限定情報のため具体的な記載は避けますが、前回20号とは異なる借手です。

本案件の担保

担保:抵当権設定(第一順位)

担保価値:2億7,700万円

担保は抵当権が第一順位で設定されているので、仮にSBIソーシャルレンディング以外の出資者がいても有事の際にはSBIソーシャルレンディングが最優先で抵当権を行使できることになります。

ただし、担保価値は募集金額17億円と比べてとても小さい金額です。ホテルが建設されれば担保価値も変わってきますが、建設完成前に何かあった場合にこの担保価値の範囲内でもカバーとなります。

有事の際に担保でカバーされる部分は極わずかです。

スポンサーリンク

不動産ディベロッパーズローンファンドシリーズの運用実績

返済延滞なし・デフォルトなし

現在運用中の同シリーズ案件で返済遅延は発生していません。

また、これまで過去20件の案件がありますが、デフォルトはありません。

安定した運用が続いています。

早期返還の可能性:低い

早期返還される可能性はかなり低いと思います。

厳密に言うと、現在運用中の同シリーズの一部案件で早期返還は発生していますが、いずれも案件全体で10万円なので募集金額比率で言えばほぼ0%程度です。

土地を売却して返済原資にするという関係上、まとまった金額の早期返還は起こりえないと考えられます。

スポンサーリンク

本案件のリスク評価

総合評価 ★★☆☆☆
担保 ★☆☆☆☆
同シリーズ過去実績 ★★★★★

 

 

担保は全く十分ではありません。万が一、担保を行使する事態に場合には大きく損失を被る可能性が高いです。

担保を行使するケースとは、土地が売却できない場合が考えられます。当然、すでに売却目途は付けていると思いますが、コロナ禍で沖縄観光もかなりダメージが受けているはずなのでホテル建設計画が見直しされないかが不安要素です。

なお、同ファンドシリーズの過去実績については常に安定した運用成績を残していて安心材料です。

募集金額は17億円と大きいので、開始直後に秒殺で埋まることは無いと思われます。利回りも6.0%とSBI案件としては高くないのでそこまで殺到しないかもしれません。

運用期間が18カ月と少々長めです。この先のコロナによる経済影響が読めないため長期案件は予期せぬ影響を受けるリスクも気になります。

明日はどの程度集まるか見守るつもりです。

リスク評価は当ブログで独自に検討した結果です。投資する際には自己責任となります。

【ソーシャルレンディング】会社員の投資初心者が1年間やってみて実感したメリット・デメリットこんにちは、UKです。 2018年1月頃から少しずつ投資をやり始め、私の投資経験も1年半となりました。 まだたった1年半です...
会社員にオススメ!小額から始めてほったらかしOK【ソーシャルレンディング】 皆様、こんにちはUKです。 今回は私自身も活用しているソーシャルレンディングについてご紹介します。 私は2018年初頭から...

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

スポンサーリンク