FUNDINNO

【FUNDINNO 第116号】VIE STYLE株式会社

こんにちは、UKです。

FUNDINNO第116号が公開されました。

今回は脳波を活用してストレスを取り除き、”ZONE”状態へ導くプロダクトです。

FUNDINNO案件情報をおさらい

脳波・生体情報を“耳”から読み取り、人々をハイパフォーマンスな「ZONE」状態へ導く「VIE STYLE(ヴィースタイル)」

投資先 VIE STYLE株式会社
分野
テクノロジー
募集開始日 2020年2月16日(日) 10:00~
目標募集額 15,000,000円
上限応募額 50,000,000円
IPO予定時期 2025年6月以降
エンジェル税制 申請予定なし
株主構成
・Social Entrepreneur2 投資事業有限責任組合
株主優待
【1~400株】
・VIE STYLE製品の50%割引ご購入権

【401株以上】

・VIE STYLE製品の50%割引ご購入権
・VIE ZONEの開発モニターご参加権
特記事項 ・複数の特許を保

目標額は低めの設定ですが、上限額が大きいため開始後即満額到達は無そうです。

株主優待は割引購入があります。自社のECサイト等は無さそうなのでどこで使えるのか不明ですが、同社のヘッドフォンを試したい方にはメリットがあります。

資金使途(目標額/上限額)
  • ソフトウェア開発(670万円/1,380万円)
  • デバイス設計費(500万円/1,350万円)
  • FUNDINNOへの手数料(330万円/770万円)

集まった資金はプロダクト開発費に充てる計画となっています。

案件詳細や具体的な将来の事業推移予測は投資家限定の開示情報となっています。

スポンサーリンク

VIE STYLE株式会社はどんな会社?

会社概要

会社名 VIE STYLE株式会社
代表 今村泰彦
設立 2013年8月
資本金 2,549万円
従業員数 不明
所在地 神奈川県鎌倉市材木座五丁目10番14号
Webサイト http://www.vie.style

Webサイトには会社概要らしきページは無く、FUNDINNO以外は全然情報が見つかりませんでした。

社員数は不明ですが、FUNDINNOでは代表の今村氏と取締役2名が紹介されています。

今村氏はワーナーミュージック・ジャパン出身とのことですので音楽業界との繋がりが期待できそうです。

また、少々古いですが、こちらの記事でグローバル企業を目指すと宣言されています。すでに取締役に外国人を擁していたり、アメリカのクラウドファンディング「Kickstarter(キックスターター)」を活用したりと、早期の海外展開を目指しているようです。

事業内容

同社Webサイトに事業内容の記載がないため不明ですが、調べた限りではイヤホン開発のみを手掛けている様子です。

売上規模

同社Webサイトには記載がありませんが、FUNDINNOのマイルストーンで2019年6月期実績は26,138,754円となっています。

なお、会員限定公開ページには各年度ごとの売上実績・計画が掲載されています。

グループ会社(関連会社)

同社Webサイトには記載がありませんが、FUNDINNOに「米国に100%子会社を保有」とあります。

なお、外国人取締役1名がアイコニック ワイン・ジャパン株式会社の代表取締役を兼務しているとのことです。

スポンサーリンク

商品・サービスはどんなもの?

同社ではイヤホンを設計・開発しています。下の図のものが販売中のモデルです。

人体の合わせてデザインした”エアーフレーム”という構造になっており、イヤホン本体が耳に触れない設計となっているため耳が痛くならないイヤホンです。

大手音響メーカーのYAMAHAが生産協力しているので音響レベルも高そうです。

昨年上場したMakuakeやアメリカの「Kickstarter(キックスターター)」などのクラウドファンディングで販売され、現在はAmazonにて販売されています。

VIE SHAIR ¥21,000(2020年2月15日時点)
VIE FIT ¥16,900(2020年2月15日時点)

 

スポンサーリンク

これら既存のイヤホンを活用しながら、今後は「VIE ZONE(ヴィーゾーン)」事業を展開予定であり、今回の資金調達はその事業資金となる予定です。

イヤホンにセンサーとAI解析機能を搭載し、ユーザの脳波を取得して各個人ごとに最適な音楽等のコンテンツを流して”ZONE”状態へ導くのが「VIE ZONE(ヴィーゾーン)」です。

“ZONE”状態とは他の思考や感情を忘れるほど没頭している状態を指すようです。簡単に言うと超絶集中している状態だと思います。

超集中状態「ゾーン」に入って、圧倒的な結果を出す方法

 

スポンサーリンク

競合他社はいる?

脳波を活用するイヤホンをネットで調べたところ、他には見当たりませんでした。

ただ、脳波を測定するデバイスはAmazonや楽天で販売されています。

NeuroSky社製 MindWave Mobile 2 脳波センシングヘッドセット
Muse ミューズザブレインセンシング頭のトレーニングヘッドバンド
【SEMISOLUTION】SMART BRAIN スマート ブレーン

イヤホン型ではありませんが、脳波活用という面では競合になりえると思います。

また、イヤホンというカテゴリで言えば、アップル、ソニー、BOSEなど数多くの大手競合がいます。こういった大手メーカーも当然ながら次世代型を検討・開発しており、VIE STYLEと同様の製品がリリースされる可能性は充分にあると言えます。

先行者としてどこまで市場獲得できるかが重要です。

所感

クラウドファンディングで資金調達に成功したり、すでに製品をリリースしたりと事業として軌道に乗りかけているように感じました。

そして”脳波を分析してZONE状態へ導く”というのは面白いと思います。

AI等の最新技術関連製品でもあるため、一定の市場は獲得できそうに思います。

ただ、VIE STYLEにしかない強みが見えませんでした。FUNDINNOを読んだ限りでは他社でも真似できそうです。

また、脳波は個人情報となるため、取り扱いについてそれなりに高いハードルがある気がします。

FUNDINNOの投資家からどのように評価されるのか、気になるところです。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

スポンサーリンク